SO DOPE ! CCM ! ~新しい歌を主に~(第2回)ー小山 睦ー


小山 睦
福島第一聖書バプテスト教会 教会員
株式会社ザイオンL.I. 代表取締役

 今回ご紹介する曲は「I Can Only Imagine」。アメリカ合衆国テキサス州グリーンヴィル出身のMercyMe(マーシーミー)というバンドによって1999年に初リリース、2001年にメジャーレーベルより再録したものが発売されました。2002年のDove Award(クリスチャン音楽の授賞式)では、3つの賞を同時受賞し、シングル版は250万枚を販売するヒットとなりました。

 もちろん私も当時から素晴らしい賛美として聴き歌っていたのですが、なぜ20年も前の曲をここで取り上げるかと言いますと、実は2018年3月にこの曲が作られた背景である実話をベースにした映画「I can Only Imagine」が公開され、大ヒットとなっているのです。夢への挫折、キリストにある新たな希望、父の長い虐待と回心、そして父の召天…MercyMeのボーカルMillard氏は、10分ほどでこの曲を書き上げたと言います。しかし、たくさんの人に天国への希望を与えるこの曲が作られた背景には、氏の生涯を通して変わらずそこにあった、主の愛と助けの長い歴史が凝縮されていたのです。

 再び脚光を浴びたこの曲は、この映画の「神がすべてのことを働かせて益としてくださる」(ローマ8:28)というパワフルな希望のメッセージを全米に運んでいます。その歌詞は、天国でイエス様に真見ゆる瞬間を想像し生き生きと描き出し、そしてそれが紛れもない現実であり、私達もいつの日か栄光のイエス様の前に立つのだと暖かく、そして力強く宣言します。皆さんも、天のイエス様に顔と顔を合わせる日を想像しながらお聴きください…どんなふうだろう、と。

God is good, all the time.

——————————————

“I Can Only Imagine” by MercyMe
(訳詞:小山睦)

どんなふうだろう
あなたの横を歩く時
どんなふうだろう
あなたの御顔をこの目で仰ぐ時
私は何を見るのだろう
どんなふうだろう…

あなたの栄光に包まれて
この心は何を感じるだろう
イエス様 あなたのために踊るだろうか
それとも威厳に打たれ 身動きできないだろうか
臨在の中 立っていられるだろうか
それとも ひざまずいてしまうのか
ハレルヤと歌うだろうか
それとも 声さえ出ないのだろうか
どんなふうだろう…
どんなふうだろう…

どんなふうだろう
その日が訪れて
御子に抱かれていると気付く時
どんなふうだろう
永遠にあなたに賛美を歌う
ただそれだけが 私の存在の意味になる時

どんなふうだろう…

《楽曲情報》
歌・演奏:MercyMe マーシーミー
詞曲:Bart Millard
収録アルバム:Almost There
発売元:INO Records(2001年8月)