SO DOPE! CCM! ~新しい歌を主に~(第4回)−小山 睦−


小山 睦
福島第一聖書バプテスト教会 教会員
株式会社ザイオンL.I. 代表取締役

 ごぶさたしてしまいました。今回ご紹介するのは、Cory Asbury(コリー・アズベリー)による「Reckless Love」(向こう見ずな愛)です。米国ノースキャロライナ州出身の氏によるシングルとして2017年10月に Bethel Music(米国カリフォルニア州)より発売され、翌年にはビルボード1位となりました。今では全米の多くの教会でも、会衆賛美として捧げられています。

 タイトルの”reckless”という言葉は、「向こう見ずな、無鉄砲な」という意味です。例えば、安全を確認せず猛スピードで車を走らせれば、それは reckless な運転です。アズベリー氏自身の言葉によれば、神様が向こう見ずだというわけではなく、99匹の羊を野に置き去ってまでも、尊い1匹の羊を探し求めるような、この世の計算によらない、損得や見返りを考えない愛という意味でこの言葉を用いたとのことです。それほどまでに私達ひとりひとりは、イエス様に愛され、個人的なつながりを持っている、持ちたいと思っていただいている…主の激しく私達を追い求めるその愛を、生々しく表しているタイトルだと思います。

 歌詞の中には、一匹の羊を探す羊飼いであるイエス様の行動が比喩的に描かれています。山を登り、物陰の隅々まで灯りを向け、隔てるものを打ち崩し、嘘をささやく悪魔を退ける様子。

 自分の興味で教会に行き、自分の決心でクリスチャンになったように考えがちでいましたが(もちろんそれらの理由もありましたが)、そこに至るまでどんなに熱い思いで私の状況や、出会う人や、その方達からの言葉を与え、悪いものの力を取り除き、天でとりなして下さっていたかを、この歌を通して改めて思わされ、感謝しました。

 私がイエス様を救い主として受け入れた瞬間、天で私の魂をぎゅっと胸に抱きしめるようにして、「いなくなった羊が見つかりました!」と天の軍勢とともに喜び祝って下さった主を思い、賛美するたびに胸を熱くしています。

God is good, all the time.

———————————

“Reckless Lovel” by Cory Asbury

私が祈る前から あなたは私を喜び高らかに歌って下さっていた
あなたはこんなにも私に 良くしてくださる
私が初めの息をする前に いのちの息を吹き込んで下さった
こんなにも 優しくしてくださる

圧倒的で終わることのない 向こう見ずなほどの神の愛
99匹を野に置いてまで 私を追いかけ 見つけるまで全てを注がれる
自分で自分を救えない 救われる価値の無いような私のため 命を捨てられた
圧倒的で終わることのない 向こう見ずなほどの その神の愛

私が歯向かっていた時でさえ あなたは愛ゆえに私を守り戦われた
あなたはこんなにも私に 良くしてくださった
何も持たない私のため あなたがすべての代価を払われた
あなたはこんなにも 優しくしてくださった

私を探し求める主の
照らさない影はない
登らない山はない
蹴り倒さない壁はない
あばかない嘘はない

《楽曲情報》
歌・詞曲:Cory Asbury コリー・アズベリー
収録アルバム:Reckless Love
発売元:Bethel Music(2018年1月)