安息日から主日への礼拝になったのはいつ? −中川晴久−

 

 

 

中川晴久
東京キリスト教神学研究所幹事
主の羊クリスチャン教会牧師
日本キリスト者オピニオンサイト -SALTY- 論説委員

 

キリスト教はいつユダヤ教の安息日から主日(日曜日)の礼拝になったのでしょうか。

 巷には「カトリック教会が土曜日から日曜日へ勝手に変えた。」という話から、「ローマの教皇がミトラ教の太陽神信仰を取り込んだためだ。」という話まで、ローマ教皇が政治的支配権を握ってキリスト教教義を変質させたという誤解までも、飛び交っていたりします。もちろん、そんなわけありません。
新約聖書正典のみではなかなか理解できないことですが、聖書解釈においてはより正確に理解するために、時代背景やそれにともなう時代考証、補助となる資料を調べることも怠ることできません。その意味でも『使徒教父文書』の存在はありがたいものです。

“安息日から主日への礼拝になったのはいつ? −中川晴久−” の続きを読む