拉致被害者救出の絶好のチャンスを生かしたい -西岡力-


西岡力・日本キリスト者オピニオンサイトSALTY  主筆

拉致被害者救出の絶好のチャンスを生かしたい

 拉致問題が最大の山場を迎えています。
北朝鮮の独裁者金正恩が、米国の軍事圧力と国連の経済制裁に音を上げ、ついにトランプ大統領に会談を求めてきました。トランプ大統領は3月8日、北朝鮮が核ミサイルを放棄する気があるなら会ってもよいと、会談に応じると返事しました。その後、3月22日、対北原則論者のジョン・ボルトン氏を外交安保補佐官に指名しました。外交安保補佐官は日本で言うなら外交と安保分野の官房長官にあたる政権の核心的地位です。 “拉致被害者救出の絶好のチャンスを生かしたい -西岡力-” の続きを読む

訪中で聞こえてきた金正恩氏の悲鳴 -西岡力-

産経新聞に昨日(2018.4.3)掲載された北朝鮮情勢に関する私の分析です。

訪中で聞こえてきた金正恩氏の悲鳴

西岡力

 金正恩朝鮮労働党委員長が訪中し、習近平国家主席と会談した。私には、この訪中から金正恩氏の悲鳴が聞こえてくる。対北圧力を最高度に高めて政策を変えさせるという、安倍晋三首相とトランプ米大統領が主導して進めてきた戦略が効果を上げてきた。 “訪中で聞こえてきた金正恩氏の悲鳴 -西岡力-” の続きを読む

歴史でつながっている「聖書と現代イスラエル」

明石清正
カルバリーチャペル・ロゴス東京 牧師
ロゴス・ミニストリー 代表

 現代の中東情勢を語るにあたって、その中心となっていくのはイスラエルです。聖書には、新旧共にその舞台となっているのは、イスラエル、そしてその周辺国です。しかし、キリスト教会では、聖書で書かれた時のイスラエルと、その後のイスラエルが連続しているものとは考えていないことが多いです。 “歴史でつながっている「聖書と現代イスラエル」” の続きを読む

聖書の舞台(中東)-明石清正-

明石清正
カルバリーチャペル・ロゴス東京 牧師
ロゴス・ミニストリー 代表
日本キリスト者オピニオンサイト 論説委員

 これから中東情勢を担当させていただきます。私が近現代の中東情勢に興味を持つようになったのは、何といってもそれが「聖書の舞台」だからです。 “聖書の舞台(中東)-明石清正-” の続きを読む