安全になったイスラエル –明石清正–

 

 

明石清正
カルバリーチャペル・ロゴス東京 牧師
ロゴス・ミニストリー 代表

日本キリスト者オピニオンサイト -SALTY-  論説委員


ITベンチャー企業とイスラエル

 「イスラエル」と聞けば、「紛争の起こっている国だけれども大丈夫?」と言うのが、大抵の人々の反応です。けれども、それは情報が入っていないだけで、イスラエルを訪れる旅行者の数は、年々増えていくばかりであり、2017年には360万人でした。その中でテロ事件によって死んだ人は、ほとんどいません。海外旅行に慣れている人は分かってきますが、往々にしてマスコミの情報はその国のごく一部で起こっていることであって、現地の本当の姿とはかけ離れていることが多いです。日本であっても、原発事故が起こったのに外国人の旅行客は年々、上昇しているのと似ています。

“安全になったイスラエル –明石清正–” の続きを読む

安倍晋三という総理(2) -中川晴久-

 

 

 

中川晴久
東京キリスト教神学研究所幹事
主の羊クリスチャン教会牧師
日本キリスト者オピニオンサイト−SALTY− 論説委員

 

<積極的な外交の展開>

 安倍総理が、亡き父・晋太郎氏(1991年没)の地盤を引き継ぎ代議士になったのは、1993年、総理が38歳の時でした。その政治センスが磨かれたのは、父・晋太郎氏が生前に外務大臣の要職にあるとき、秘書官として働いた経験が大きいようです。当時の中曽根康弘元首相は在任中の4期にわたって晋太郎氏を外務大臣として起用しました。その期間は3年8ヵ月に及びます。安倍総理は、3年間勤めた神戸製鋼を退社したのち、1982年から晋太郎氏に同行し、20回ほどの外遊に出ています。
もが多くの場合、最初の経験が後の経験の基礎をつくります。今日の安倍政権が外交に強い理由は、ここにあるのかもしれません。

“安倍晋三という総理(2) -中川晴久-” の続きを読む

『統一朝鮮』の危機に備える −井草晋一−

 

 

 

 

 

井草晋一
日本キリスト者オピニオンサイト −SALTY−  編集長

■ 『統一朝鮮』の危機に備える ■

5月〜6月に予定されている、アメリカのドナルド・トランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長による「米朝首脳会談」ですが、今後の朝鮮半島情勢において、近未来的にいくつかの可能性が浮かび上がってきます。
“『統一朝鮮』の危機に備える −井草晋一−” の続きを読む

拉致被害者救出の絶好のチャンスを生かしたい(3) 全被害者帰国が実現する最善のシナリオが見えてきた −西岡力−

拉致被害者救出の絶好のチャンスを生かしたい(3)

全被害者帰国が実現する最善のシナリオが見えてきた

 

 

西岡力
日本キリスト者オピニオンサイト − SALTY − 主筆

 4月19日の日米首脳の共同記者会見でトランプ大統領は、拉致被害者救出への熱意を以下のように明確に語った。私はそれを聞きながら胸が熱くなった。

「去年の秋、日本を訪問した際、愛する人たちを北朝鮮に拉致される痛ましい体験をした被害者の家族と会った。拉致被害者ができるだけ早く家族の元に戻れるようにしたい」

「この問題がシンゾウの心にある最も重要なことの1つだとわかっているし、われわれはこのことをよく話しあっている。拉致被害者を日本に連れ戻せるようわれわれはできることはすべてやる」

“拉致被害者救出の絶好のチャンスを生かしたい(3) 全被害者帰国が実現する最善のシナリオが見えてきた −西岡力−” の続きを読む

拉致被害者救出の絶好のチャンスを生かしたい(2)トランプ大統領が、拉致問題を米朝会談に出すと約束 -西岡力-


拉致被害者救出の絶好のチャンスを生かしたい(2)

トランプ大統領が、拉致問題を米朝会談に出すと約束

 

 

西岡力
日本キリスト者オピニオンサイト − SALTY − 主筆

 私は先日(4月8日)、本サイトに「拉致被害者救出の絶好のチャンスを生かしたい」と題する一文をアップした。4月17日、トランプ大統領が来たるべき米朝首脳会談で拉致問題を出すと語ったという。それについて書きたい。

前回私は、3月末、家族会・救う会が政府に日米首脳会談に関して次のような要請をしたと書いた。 “拉致被害者救出の絶好のチャンスを生かしたい(2)トランプ大統領が、拉致問題を米朝会談に出すと約束 -西岡力-” の続きを読む

拉致被害者救出の絶好のチャンスを生かしたい -西岡力-


西岡力・日本キリスト者オピニオンサイトSALTY  主筆

拉致被害者救出の絶好のチャンスを生かしたい

 拉致問題が最大の山場を迎えています。
北朝鮮の独裁者金正恩が、米国の軍事圧力と国連の経済制裁に音を上げ、ついにトランプ大統領に会談を求めてきました。トランプ大統領は3月8日、北朝鮮が核ミサイルを放棄する気があるなら会ってもよいと、会談に応じると返事しました。その後、3月22日、対北原則論者のジョン・ボルトン氏を外交安保補佐官に指名しました。外交安保補佐官は日本で言うなら外交と安保分野の官房長官にあたる政権の核心的地位です。 “拉致被害者救出の絶好のチャンスを生かしたい -西岡力-” の続きを読む

訪中で聞こえてきた金正恩氏の悲鳴 -西岡力-

産経新聞に昨日(2018.4.3)掲載された北朝鮮情勢に関する私の分析です。

訪中で聞こえてきた金正恩氏の悲鳴

西岡力

 金正恩朝鮮労働党委員長が訪中し、習近平国家主席と会談した。私には、この訪中から金正恩氏の悲鳴が聞こえてくる。対北圧力を最高度に高めて政策を変えさせるという、安倍晋三首相とトランプ米大統領が主導して進めてきた戦略が効果を上げてきた。 “訪中で聞こえてきた金正恩氏の悲鳴 -西岡力-” の続きを読む

歴史でつながっている「聖書と現代イスラエル」

明石清正
カルバリーチャペル・ロゴス東京 牧師
ロゴス・ミニストリー 代表

 現代の中東情勢を語るにあたって、その中心となっていくのはイスラエルです。聖書には、新旧共にその舞台となっているのは、イスラエル、そしてその周辺国です。しかし、キリスト教会では、聖書で書かれた時のイスラエルと、その後のイスラエルが連続しているものとは考えていないことが多いです。 “歴史でつながっている「聖書と現代イスラエル」” の続きを読む

聖書の舞台(中東)-明石清正-

明石清正
カルバリーチャペル・ロゴス東京 牧師
ロゴス・ミニストリー 代表
日本キリスト者オピニオンサイト 論説委員

 これから中東情勢を担当させていただきます。私が近現代の中東情勢に興味を持つようになったのは、何といってもそれが「聖書の舞台」だからです。 “聖書の舞台(中東)-明石清正-” の続きを読む