SALTY創刊のごあいさつ -後藤献児朗-

SALTY創刊にあたり

後藤献児朗
日本キリスト者オピニオンサイト SALTY 
代表
有限会社サーブ介護センター 代表取締役


 戦後、急速に発展した日本社会。その中で生きる私たちキリスト者は、聖書信仰に基づき、神から「地の塩・世の光」として生きる使命を与えられていますが、多様化複雑化した情報により、何が正しく何が間違っているのかを主体的に考え、判断する力が弱められています。溢れかえる情報の中で溺れそうになっている時、私たちキリスト者のあるべき姿は、「具体的な道筋」を示すことよりも、溺れそうになっている者たち同士が手を取り合い、支え合って行かねばならないのです。

 あのタイタニックが、今まさに海に沈もうとする時、船上の楽団たちが自身の命よりも、動揺した乗客を落ち着かせようと、讃美歌を奏で死の淵に立っていた乗客たちの心に寄り添ったように、私たちキリスト者はそうありたいものです。キリスト者の中にも様々な価値観があります。当然のことです。しかしその価値観を「絶対視し、聖書のみ言葉を用いて正当化する」動きは、キリスト者の中だけではなく、社会の中においても混乱を招くこととなります。
 キリスト者の中にも「様々な考え方がある」と言うことを知って頂くことを目的とし、キリスト者有志によってオピニオンサイトを創刊するに至りました。

 私たちが考えることが「神の御心であるか否か?」は神にしかわかりません。只々、皆様と共に神の御心を探し求めて参りたいと思います。
様々な立場にあるキリスト者の皆さんの、様々な角度から、時には鋭く時に温かく、そして時には淡々と語る、そんな「キリスト者の闊達(かったつ)な言論空間」を目指します。


 皆様の温かい祈りとご支援をよろしくお願いいたします。

『心を尽くして主により頼め。
自分の悟りに頼るな。
あなたの行く道すべてにおいて、主を知れ。
主があなたの進む道をまっすぐにされる。』
箴言3章5~6節