安息日から主日への礼拝になったのはいつ? −中川晴久−

 

 

 

中川晴久
東京キリスト教神学研究所幹事
主の羊クリスチャン教会牧師
日本キリスト者オピニオンサイト -SALTY- 論説委員

 

キリスト教はいつユダヤ教の安息日から主日(日曜日)の礼拝になったのでしょうか。

 巷には「カトリック教会が土曜日から日曜日へ勝手に変えた。」という話から、「ローマの教皇がミトラ教の太陽神信仰を取り込んだためだ。」という話まで、ローマ教皇が政治的支配権を握ってキリスト教教義を変質させたという誤解までも、飛び交っていたりします。もちろん、そんなわけありません。
新約聖書正典のみではなかなか理解できないことですが、聖書解釈においてはより正確に理解するために、時代背景やそれにともなう時代考証、補助となる資料を調べることも怠ることできません。その意味でも『使徒教父文書』の存在はありがたいものです。

“安息日から主日への礼拝になったのはいつ? −中川晴久−” の続きを読む

「その時に備えて」に備えて(7)君主が異教徒…だからなんだってんだ?!後編-田口望

田口望
田口望

 

 

 

 

田口 望
大東キリストチャペル 教役者
大阪聖書学院 常勤講師
日本キリスト者オピニオンサイト -SALTY- 論説委員

ローマ帝国の皇帝はまさにキリスト者を300年間に渡って断続的に迫害し続けるのですが、その迫害下でも徹底してローマの統治権を認め、反政府運動などをせずに徹底して臣従したのです。ただし、やはり皇帝礼拝を強いてきた時には敢然と拒否しました。

対して、自分たちが支配階級にある時に自らの意思で進んで異教の神に与する行動をとった時は族長時代でも、エジプトから脱出後も、士師の時代も、王国時代も神様から厳しく指弾されます。

つまり、異教徒、異国人が政権の座についているときは自分の信仰は政府に介入されたときは頑なに退けるべきですが、原則的には時の政権に従うようにと聖書は教えているのです。むしろ、異教徒が支配するように見えても聖書の神の摂理があると教えています。(クリスチャンでない方にわかるように砕いた言い方をすれば、「地上の支配者が誰であろうと、一喜一憂することなく、変らない天命というのは別にあるのだから、どーんと大船に乗った気持で構えていましょう」と教えているのです。)これは、聖書の一節を切り取って自分勝手な解釈をしているのではなくて、創世記から、新約聖書に至るまで首尾一貫したラインです。

今の私たちに適応する場合はどうでしょうか、99%が非キリスト教徒の国であり、民主主義国家であり、多数決の原則が支配する国です。国家が教会に対して、宮城遥拝や、神社参拝を強制し、キリスト者の信仰の在り方にまで介入してきた時は敢然と拒否すべきですが、そうでなければ、政教分離原則を振り回して逆に、国家の有様に反対し、憲法に明記されている天皇制の在り方まで注文を付けることは聖書は求めていないのです。後述しますが、むしろ、そのような注文を付けることの方が、聖書の原則に反して罪となりうることさえあるのです。

繰り返しになりますが、当該冊子は、罪でないものを罪だと言い、政治的な問題を信仰の問題と強弁し、聖書が信者に強いてないものを強要したり、逆に罪な行為を罪でないと唆したりしている可能性を多分に含んでいます。

宮城遥拝・・・(戦前、国家神道による統制が強まったとき、イスラム教徒がメッカに向かってお祈りするように、日本国民にも皇居にむかって拝礼することを国民に強制した時期がありました。これを宮城遥拝という)

週の真ん中ストレート(10)共産党…存在することすら許されない政党ー田口 望

反共主義
田口望
田口望

 

 

 

 

田口 望
大東キリストチャペル 教役者
大阪聖書学院 常勤講師
日本キリスト者オピニオンサイト -SALTY- 論説委員

 

西ドイツにも迫った共産党の魔の手

旧ドイツ共産党旗
旧ドイツ共産党旗

 前回の週の真ん中ストレートでは、東ドイツの共産党が見せかけだけの柔軟路線で社民党と合併し、ドイツ社会主義統一党という政党をつくり、多くの弾圧や離散家族を生んだことを学びました。では西ドイツの共産党はどうなったのでしょうか?
西ドイツでも戦後まもなく共産党は再建され、国政選挙にも進出し5パーセント以上の得票率を得て、十数議席を得ました。今の日本共産党が得る得票率、議席数とほぼ同じです。しかし、西ドイツは東ドイツや戦前のワイマール共和国の轍を踏むことはありませんでした。

“週の真ん中ストレート(10)共産党…存在することすら許されない政党ー田口 望” の続きを読む

「その時に備えて」に備えて(6)君主が異教徒…だからなんだってんだ?!前編-田口望

田口望
田口望

 

 

 

 

田口 望
大東キリストチャペル 教役者
大阪聖書学院 常勤講師
日本キリスト者オピニオンサイト -SALTY- 論説委員

聖書は異教徒の為政者の改宗を迫っていない

 JEA社会委員会が出版した小冊子「その時に備えて」には聖書によらない誤導が散見されます。同書P34には次ような一文があります。

ーーーーーーーー<引用>ーーーーーーーーー

天皇は異教の祭司ですから唯一の神を信じるキリスト者がこれに賛成するのは難しいでしょう。

ーーーーーーー<引用 終り>ーーーーーーーー

と断じて、その後、以下のような展開をします。

ーーーーーーーー<引用>ーーーーーーーーー

それなのに、伝道の妨げになるからといって見て見ぬふりをし、沈黙するならば、神の栄光をあらわすことはできません。伝道で何より大切なのは主のことばを忠実に語ることです。そうすることで、主の声を聞いた主の羊が主に立ち帰ります。教勢拡大のためには手段を選ばず教理も曲げて、というのでは伝道になりません。・・・

ーーーーーーー<引用 終り>ーーーーーーーー

 『天皇に賛成するのは難しい…』聖書のどこを読めばそのような解釈になるのか理解に苦しみます。私もまた聖書を誤って解釈する可能性のある人間ですから全否定はしませんが、私は、「神に栄光をあらわし」、「神の言葉に忠実に語る」からこそ、「天皇が異教の祭司であっても」、その人の祝福の為に祈ることはキリスト者の道として十分成り立ちうると考えます。

“「その時に備えて」に備えて(6)君主が異教徒…だからなんだってんだ?!前編-田口望” の続きを読む

「その時に備えて」に備えて(5) 千代田区神田カテキズム? -田口望

「良心の自由の表明」 ジョン・ロジャース・ハーバート画
田口望
田口望

 

 

 

 

田口 望
大東キリストチャペル 教役者
大阪聖書学院 常勤講師
日本キリスト者オピニオンサイト -SALTY- 論説委員

これは対話ではなく教化の手段

プロテスタントの中には聖書そのものを重視し、あまり、信条や教理問答などを作らない教派も、ありますが、一部の教派ではカテキズム(教理問答)というものを大変重んじるグループも存在します。そして、今回JEA社会委員会が出版した冊子「その時に備えて」はそのカテキズムの体裁をとっているがために厄介なのです。カテキズムそのものを批判している訳ではありませんし、私自身は大変有用なものと評価しているのですが・・・

“「その時に備えて」に備えて(5) 千代田区神田カテキズム? -田口望” の続きを読む

「その時に備えて」に備えて(4) 悪魔の問答 -田口望

アダムとエバの原罪と楽園追放 システィーナ礼拝堂天井画
田口望
田口望

 

 

 

 

田口 望
大東キリストチャペル 教役者
大阪聖書学院 常勤講師
日本キリスト者オピニオンサイト -SALTY- 論説委員

エデンの園での問答

クリスチャンでない人もご存じででしょう。エデンの園で蛇(サタン)がエバ(イヴ)に投げかけた質問を思い出して頂きたいのです。サタンはエバに次のように尋ねました。

「あなたがたは、園のどんな木からも食べてはならない、と神は、ほんとうに言われたのですか。」(創世記3:1)

この答え、正解はイエスでしょうか?それともノーでしょうか?その答えを知るために、もともと神が人に命じた戒めはどのようなものであったかをみてみましょう。 “「その時に備えて」に備えて(4) 悪魔の問答 -田口望” の続きを読む

「その時に備えて」に備えて(3) ガラテヤ主義には正しく怒れ! -田口望-

ヘンドリック・テル・ブルッヘン作「聖マタイの召喚」
田口望
田口望

 

 

 

 

田口 望
大東キリストチャペル 教役者
大阪聖書学院 常勤講師
日本キリスト者オピニオンサイト -SALTY- 論説委員

この冊子の中に隠れた忌むべき「ガラテヤ主義」的思考

 JEA社会委員会が出した天皇制反対を促す冊子「その時に備えて」。私がこの冊子に対して怒っている最大の主因は、この冊子が、「反天皇制だから」怒っている訳でも、「自分が尊皇家だから」怒っている訳でもないのです。私が激烈に怒っているのは、この冊子の思想的背景に「ガラテヤ主義」をみるからです。そして、その様なものを放置することはクリスチャンの福音主義者の沽券にかかわる大問題なのです。

“「その時に備えて」に備えて(3) ガラテヤ主義には正しく怒れ! -田口望-” の続きを読む

週の真ん中ストレート(9)警戒せよ!共産党が最近の戦術は終戦直後にドイツ社会主義統一党がしてたことと一緒! -田口望-

長らく東ドイツの政権党だったドイツ社会主義統一党の旗
田口望
田口望

 

 

 

田口 望
大東キリストチャペル 教役者
大阪聖書学院 常勤講師
日本キリスト者オピニオンサイト -SALTY- 論説委員

歴史に学ぶことの重要性

 私は歴史を学び、そこから、日本の現状に警戒感を持つことは反対しません。むしろ必要なことだと思います。でもね、政治運動が好きな左翼のキリスト者は方はなんでいつも74年前(1945年)のドイツばかり引き合いに出すのでしょうか? なんでボンヘッファー(その時ナチスに逆らってヒトラー暗殺計画を実行した牧師)ばっかりなんでしょうか?
 1945年と今とを比べたら1945年5月まではナチスが政権党だったんですから、そこからばっかり学んでいたら現在の政権党たる自民党がナチスに見えて、そして安倍首相がヒトラーに見えて仕方ない事でしょう。 でもそれが、偏った見方なんです。たまには時計の針を1年進めて、73年前(1946年)のドイツと今の日本の現状を比較して類似点をみてみたらいかがでしょう?その時、ベルリンで何が起きていたか・・・

週の真ん中ストレート(8)共産主義はキリスト教系の異端思想からはじまった  −田口 望−

反共主義
田口望
田口望

 

 

 

 

田口 望
大東キリストチャペル 教役者
大阪聖書学院 常勤講師
日本キリスト者オピニオンサイト -SALTY- 論説委員

日本のプロテスタントは歴史的に戦前、国家神道によって、弾圧をうけ辛酸をなめた過去があるので、いわゆる政治的な右の動きに対しては警戒を怠ることはありません。その一方で、左の政治的な動きに関しては日本の教会は歴史的に共産主義者に弾圧をうけたことがないので、驚くほど受容してしまっています。

世界的にはキリスト教は共産主義によって最も苛烈な弾圧を受け、(現在も世界中の共産主義諸国でクリスチャンは弾圧をうけ殉教しています。)左の政治的な動きに対して警戒をしているので、日本のキリスト教界の警戒レベルの低さは、異常であるといえましょう。

日本共産党というのは端的にいえばキリスト教の異端なんです。 “週の真ん中ストレート(8)共産主義はキリスト教系の異端思想からはじまった  −田口 望−” の続きを読む

週の真ん中ストレート(7)日本共産党のご飯論法 共産党が目指す「私有財産の簒奪と国有化」の野望を暴く  −田口 望−

反共主義
田口望
田口望

 

 

 

 

田口 望
大東キリストチャペル 教役者
大阪聖書学院 常勤講師
日本キリスト者オピニオンサイト -SALTY- 論説委員

日本共産党は国会にも議席をもち、前委員長の不破氏などはスマイリング・コミュニスト(微笑する共産主義者)などと呼ばれ、人当たりがよさそうに見えるがために、リベラル政党の一つ化のように見えます。15年前には綱領を改定し、革命の文字も消え、ソフト路線をずっと打ち出しています。政治にほとんど興味のない人、あるいは、最近興味を持ち出した人などにとっては良い政策を掲げている清廉潔白な人たちに彼らがみえるかもしれません。しかして、その実態は、人類史上最も多くの人を殺めた、ソ連共産党をはじめとする往年の東側世界の共産主義政党の性質をそのまま色濃く残したままであり、西側諸国最大の規模を持つ、マルクス主義政党です。綱領においてはその意図を隠し言葉の言い換えでその意図を末端の党員や大衆には分からないようにする企図さえ見受けられます。

日本のキリスト教で、また日本社会全体が容共(共産主義の態度に明確な反対をしないまでも受容するような態度をとること)の雰囲気に流されつつあるのは、日本共産党の長期的な宣伝政策がある意味成功している証左です。

今回は日本共産党のご飯論法と題しまして、同党がいかに欺瞞的でかつ、私有財産の国有化という恐ろしい考えを今も堅持し将来において実効に移そうと目論んでいることを論駁していこうと考えます。

もって、自由で民主的な社会がこれからも維持されることをキリスト者として願ってやみません。

“週の真ん中ストレート(7)日本共産党のご飯論法 共産党が目指す「私有財産の簒奪と国有化」の野望を暴く  −田口 望−” の続きを読む