「その時に備えて」に備えて(7)君主が異教徒…だからなんだってんだ?!後編-田口望

田口望
田口望

 

 

 

 

田口 望
大東キリストチャペル 教役者
大阪聖書学院 常勤講師
日本キリスト者オピニオンサイト -SALTY- 論説委員

ローマ帝国の皇帝はまさにキリスト者を300年間に渡って断続的に迫害し続けるのですが、その迫害下でも徹底してローマの統治権を認め、反政府運動などをせずに徹底して臣従したのです。ただし、やはり皇帝礼拝を強いてきた時には敢然と拒否しました。

対して、自分たちが支配階級にある時に自らの意思で進んで異教の神に与する行動をとった時は族長時代でも、エジプトから脱出後も、士師の時代も、王国時代も神様から厳しく指弾されます。

つまり、異教徒、異国人が政権の座についているときは自分の信仰は政府に介入されたときは頑なに退けるべきですが、原則的には時の政権に従うようにと聖書は教えているのです。むしろ、異教徒が支配するように見えても聖書の神の摂理があると教えています。(クリスチャンでない方にわかるように砕いた言い方をすれば、「地上の支配者が誰であろうと、一喜一憂することなく、変らない天命というのは別にあるのだから、どーんと大船に乗った気持で構えていましょう」と教えているのです。)これは、聖書の一節を切り取って自分勝手な解釈をしているのではなくて、創世記から、新約聖書に至るまで首尾一貫したラインです。

今の私たちに適応する場合はどうでしょうか、99%が非キリスト教徒の国であり、民主主義国家であり、多数決の原則が支配する国です。国家が教会に対して、宮城遥拝や、神社参拝を強制し、キリスト者の信仰の在り方にまで介入してきた時は敢然と拒否すべきですが、そうでなければ、政教分離原則を振り回して逆に、国家の有様に反対し、憲法に明記されている天皇制の在り方まで注文を付けることは聖書は求めていないのです。後述しますが、むしろ、そのような注文を付けることの方が、聖書の原則に反して罪となりうることさえあるのです。

繰り返しになりますが、当該冊子は、罪でないものを罪だと言い、政治的な問題を信仰の問題と強弁し、聖書が信者に強いてないものを強要したり、逆に罪な行為を罪でないと唆したりしている可能性を多分に含んでいます。

宮城遥拝・・・(戦前、国家神道による統制が強まったとき、イスラム教徒がメッカに向かってお祈りするように、日本国民にも皇居にむかって拝礼することを国民に強制した時期がありました。これを宮城遥拝という)

「面従腹背」型の キリシタン − 久保田 Ukon 典彦 −

『キリシタン史からのメッセージ』

 高槻・Ukon:第18回

 

 

 

 

久保田 Ukon 典彦
阿武山福音自由教会 教会員
「髙山右近研究室・久保田」主宰

 

「面従腹背」型の キリシタン

● 豊臣秀吉が、1587年に出しました 「 伴天連追放令 」 ですが、髙山右近の所にも、秀吉から、使者が遣わされて来て、“ 信仰を捨てて、秀吉だけに仕えるように ” 命令してきます。

 右近は、「 関白秀吉様のことを 大切に考えて、お仕えするつもりに 変わりはありませんが、神 ・ デウス への信仰を捨てるということは、話が違います。
神 ・ デウス への信仰を捨てる、ということは出来ません。」と、はっきりと 答えました。

“「面従腹背」型の キリシタン − 久保田 Ukon 典彦 −” の続きを読む