最近の韓国のアンチ反日の動きについて(3)−西岡力−

<写真> 2019-1211_午後、日本大使館前慰安婦像付近で抗議行動をしている李宇衍博士たち。向かって右が李宇衍博士。李宇衍博士が持つ看板には左上から「歴史歪曲、反日助長、慰安婦像撤去せよ」、右上から「歴史歪曲、反日助長、水曜集会、中断せよ」と書かれている。 ( JINF 12/16 の記事より

 

 

 

西岡力

日本キリスト者オピニオンサイト -SALTY-  主筆歴史認識問題研究会会長・モラロジー研究所教授・麗澤大学客員教授

*『 歴史認識問題研究 』 第8号 (2021年3月19日)より転載

<その2より>

 

Ⅱ 「アンチ反日」運動の誕生と活発な活動

(1)2019年のアンチ反日デモ

『反日種族主義』出版と並んで、2019年にはもう一つ、見逃せないアンチ反日の大きな動きがあった。それは慰安婦像と「徴用工」像の撤去を求める街頭行動が始まったことだ。これまで韓国では、歴史認識問題をテーマにした反日デモはくりかえし行われてきたが、反日に反対するアンチ反日デモはこのときが、史上初めてだった。

 その端緒は、2019年の文在寅政権による露骨な反日キャンペーンに対して、文在寅政権に反対する在野の保守勢力が街頭で行った、大規模な集会とデモだった。

 2019年8月15日の午後、激しい雨の中で、約10万人が集まる反文在寅デモが行われ、そこで、公然と文在寅政権の反日が批判された。反文在寅デモ参加者の多くは、韓国の 国旗である太極旗を持っていた。また、それよりは少ないがやはり目についたのは、韓国の同盟国である米国の国旗だ。しかし、中には片手に太極旗、もう一方の手に日の丸を持つ参加者もいた。同じ日の夜、左派が反日、反安倍デモを行ったが、面積から割り出 した参加者数は約5万人で、反文在寅デモの半分しか動員できていなかった。

 8月15日という、日本の統治から解放されたことを記念する祭日であるにもかかわら ず、その日の反文在寅デモでは反日スローガンは一切出なかった。それどころか、弁士 の1人として演壇でマイクを握った保守派のリーダー趙甲済氏は、次のようなアンチ反日演説を行った。

「親北反日は愛国ですか。みなさん、反日は愛国ですか。(違います!・デモ参加者以下同) 日本は敵国ですか。(違います!)

親北が愛国ですか。(違います!) 北韓は味方ですか。(違います!) 親北反日は反逆です。(そうだ!) 親北反日は反逆です。(そうだ!)

親北反日の文在寅大統領を弾劾しなければなりません。」

「大韓民国はよい国。(大韓民国はよい国!) 金正恩は悪い奴。(金正恩は悪い奴!)

味方する奴はもっと悪い奴。(味方する奴はもっと悪い奴!) 米国と日本は我々の友人。(米国と日本は我々の友人!)

団結しよう。(団結しよう!) 戦おう。(戦おう!)

勝とう。(勝とう!)」(注14)

 

(2)2017年にネット上で始まったアンチ反日活動

 やはり2019年に少数の志を同じくする学者、弁護士、労働運動家などが、反日のシンボルとしてソウルの日本大使館や釜山の日本総領事館前などに立てられていた慰安婦像、戦時労働者像の撤去を求める街頭集会やデモを始めた。アンチ反日を目的にした、史上 初めての街頭集会とデモだった。

それに至るまでには次のような経緯があった。文在寅政権が発足した2017年に、民労総と韓労総という韓国の二大労働組合団体と、挺対協と民族問題研究所という二大反日運動団体が、日帝強制徴用労働者像建立推進委員会をつくり、強制徴用労働者像を全国に設置すると発表した。

 民労総(全国民主労働組合総連盟)は1995年、韓労総の穏健路線に反発する過激な労 組が集まり非合法のまま発足し、1999年金大中政権時代に合法化された。朴槿恵政権を倒したろうそくデモは、民労総が全国から組織的動員をかけていた。 韓労総(韓国労働組合総連盟)は民労総が発足する前から公認されていたナショナルセンターで、労使協調路線をとっていたが、最近は民労総の影響を受け、過激化しつつある。

 挺対協は1990年に発足以来、慰安婦問題での日本側の取り組みにことごとく反対してきたことで知られる反日運動団体だ。ソウルの日本大使館前に慰安婦像を設置した団体 でもある。2018年に「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)と改称 している。

 民族問題研究所は1991年に設立された民間研究所で、創設以来「親日派」の責任追求に取り組み、親日人名辞典を編纂し、最近では日本統治時代に作られた高校校歌を、親日派の作ったものだから廃止せよと圧力をかける運動をしている。この研究所こそが、親日派清算がなされなかったから韓国の現代史は汚れているとする、「反韓史観」と反日民族主義を韓国社会に拡散してきた拠点だ。

 そのニュースに接した、李栄薫教授の弟子で『反日種族主義』で戦時労働者問題の章を執筆した李宇衍・落星台研究所研究委員らが、これはもう一つの慰安婦像になるだろう と憂慮し、SNS上で「慰安婦と労務動員労働者銅像設置に反対する会」(以下「銅像に反対する会」)を結成した。

2017年8月に、ソウル龍山駅前に最初の労働者銅像が設置され、またこれに反対して

「銅像に反対する会」は声明を出した。

 2018年10月30日に、問題の韓国最高裁の新日鐵住金に対する損害賠償判決が出た。李宇衍氏らはすぐ抗議声明を発表した。2019年に入り、文在寅政権が反日キャンペーン を大々的に展開すると、彼らは銅像に反対することだけでは十分ではないと判断して、やはりSNSで「反日民族主義に反対する会」をつくろうと呼びかけた。すると、わずか1週間で300人あまりが参加した。2018年6月段階で、「銅像に反対する会」の会員は700人あまり、「反日民族主義に反対する会」は千人あまりになったという。

 2019年3月に使用が開始された小学校6年生用の国定社会科教科書に、朝鮮人徴用だ として、ガリガリに痩せて上半身裸の男たちの写真が掲載された。これまで韓国で広く出回っていた写真だが、すでに産経新聞2016年4月3日記事によって、朝鮮人徴用工の写真 ではないということが判明していた。1926年9月9日に旭川新聞が掲載した、過酷な労働をさせられ、警察に救い出された日本人被害者の写真だったのだ。(注15)

 李宇衍氏らは、この教科書のニセ写真を教科書に載せてはならないとの告発を始めた。

「銅像に反対する会」と「反日民族主義に反対する会」を代表して李宇衍氏は、金基洙弁護士、崔德孝氏(人権NEWS代表)といっしょに、当時の野党である自由韓国党所属の全希卿議員と面会して対策を求めた。国会教育委員会所属の全議員が教育部に抗議した結果、教育部もニセ写真であることを認め、すでに生徒に教科書が配られているので、当面は その写真にシールを貼って見えなくするという対策を取った。

李宇衍氏らの告発と教育部の対策が韓国の一部マスコミで報道されたことにより、釜山の国立日帝強制動員歴史館の慰霊碑に貼り付けられていた同じ写真も、同年5月に撤去された。(注16)

 

(3)2019年、釜山とソウルで初めての街頭行動

 この二つのネット上の団体と、在野の歴史研究者である金炳憲氏がリードしていた「韓国近現代史研究会」と「国史教科書研究所」が合同で、2019年5月10日に釜山の 日本総領事館前に設置されようとして、警察の阻止のため少し離れた路上に置かれていた労働者像の前で、「この銅像のモデルは朝鮮人ではなくて日本人だ」と主張する、アンチ反日の 街頭集会を開催した。 そして6月6日午後6時、韓国ソウルの中心地である光化門広場で、

「慰安婦像・労務動員労働者像の設置反対集会」が開催された。主催者の李宇衍氏は開会 の挨拶で、「今日、ソウルで初めて反日民族主義に反対する集会を、我が国韓国の歴史で初めて開くにいたったという事実を大変誇らしく思います」と高らかに語った。(注17)

 その後、彼らは全国に立てられている慰安婦像、労働者像の反日銅像を調査し、特に、労働者像について、ガリガリに痩せているこの像のモデルは戦時動員された朝鮮人労働者ではなく、悪徳業者に監禁されて奴隷労働させられた日本人被害者らをモデルにしているから銅像を撤去せよ、と告発した。

 

  • 反日銅像真実糾明共同対策委員会結成

 彼らのこの活動に対して、2019年11月、労働者像の作者である金運成、金曙炅夫妻が李宇衍氏らを名誉毀損で刑事と民事で訴えた。2019年12月2日、訴えられた李宇衍氏、 崔德孝氏、朱東植氏(地域平等市民連帯代表)らは、「銅像に反対する会」で共に活動してきた金基洙弁護士、金炳憲氏らと、「反日銅像真実糾明共同対策委員会」を結成した。(注18)

 ここで注目すべきは朱東植、崔德孝の2人だ。この2人は、韓国の左派運動家としてその世界では有名な人物だ。また、2人とも北朝鮮を無条件に支持する主体思想派(NL派) ではなく、純粋マルクスレーニン主義派(PD派)に属していた。なお、李宇衍氏も1980 年代に純粋マルクスレーニン主義派(PD派)の活動家だったが、大学院で李栄薫教授の指導を受け、実証主義歴史学者に転身した。

 朱東植氏は、暴力革命により社会主義政府樹立を目指す地下革命組織「南韓社会主義労働者同盟」のメンバーだった。(注19)

 崔德孝氏は教師出身の左派運動家で、1985年に国家保安法違反で首謀者が逮捕された「民衆教育」誌事件に関連して教師を辞職し、左派運動家となる。その後、集団私娼街撲滅運動に反対し、私娼らを支援して、彼女らの労組である「民主性労働者連帯」結成に尽力した。その後、朴裕河教授を一時期支援するが、フェミニストとして慰安婦を国家と男性から抑圧を受けたとみる同教授と、慰安婦を性労働者とみる崔氏は意見が合わず、 支援から離れた。(注20)

 

  • 日本大使館前でのアンチ反日デモ開始

「反日銅像真実糾明共同対策委員会」は2019年12月4日、ソウルの日本大使館前で「慰安婦像撤去、水曜集会中止」を叫ぶ街頭行動を始めた。

 実はその場所では90年代初めから、毎週水曜日に挺対協など反日運動体が慰安婦問題 をテーマに反日集会を開き続けて、その反日運動のシンボルとして慰安婦像を大使館正 門のすぐ前の路上に設置していた。李宇衍氏は、「ついに韓国の反日運動の総本山に立ち向うべきときになった」と私に語り、12月4日から毎週、アンチ反日デモを始めた。3週目の12月18日には、暴漢が李宇衍氏に暴行を加える事件があった(注21)。それでも李宇衍氏らは日本大使館前のアンチ反日デモを止めなかった。ここでは、12月4日に発表された「慰安婦像撤去と水曜集会中断を求める声明」を歴史的文書として全訳する。(注22)

 

慰安婦像撤去と水曜集会中断を求める声明

 慰安婦像は歴史を歪曲して韓日関係を悪化させます。 慰安婦像は「強制的に連れて行かれた少女」という歪曲されたイメージを作って、国民にこれを注入・伝播しています。しかし実際の慰安婦は10代初めの少女ではなく、平均的に20代半ばの成人でした。 そしてほとんどの場合、就職詐欺や人身売買を通じて慰安婦になりました。 彼女らを慰安婦にした主役は日本官憲でなく、親戚と近しい朝鮮人知人たちでした。

 水曜集会に参加した幼い小学生の少女がマイクをとって、「私のような年齢の少女が日本によって連れて行かれた」と話すのは、慰安婦像がどれくらい我が国民、特に精神的、身体的、情操的に未成熟な幼い生徒たちにまで、深刻に歪曲されたイメージを植え付け ているのかを見せつける証拠です。

 慰安婦像は絵画や映画などの2次創作物と結合し、歪曲された情緒と歴史認識を爆発 的に伝染させています。 慰安婦は日本官憲によって強制的に戦場に連れて行かれた存在というイメージを形成して、特定の政治集団の不純な政治メッセージを宣伝することに 悪用されています。

 慰安婦像は、韓国人が崇拝する偶像になってしまいました。 数多くの公共の場所に展示され、無差別な大衆に無理に情緒的共感を強要します。冬ならマフラーと手袋をさせ、厚いショールをかけるのも、このような情緒的強要の一環です。さらに慰安婦像をバス にのせて市内を運行しました。

知的に情操的に成熟した大人たちが、自分の両親にもしない丁寧なお辞儀を慰安婦像に捧げます。 大韓民国は朝鮮時代よりさらに後退した、偶像崇拝の神政国家へと後退しています。 慰安婦像はそのような退行の、最も鮮明な象徴です。

 旧日本大使館の前に立てられている慰安婦像は不法造形物です。2011年設置当時に挺対協(現 正義記憶連帯)は、管轄区庁の許可を得ないで自分勝手に像を設置しました。   政府は反日種族主義に便乗したり、それを助長する大衆追従的で人気迎合的な態度で、 この像の設置を追認しています。

 市民団体らと大学生が、2016年に釜山の日本総領事館の前に奇襲的に設置した慰安婦像も同じことです。 これらの像は、「外交関係に関するウィーン条約」22条に規定された「公館の安寧の妨害または、公館の威厳の侵害」に該当する設置物です。

 1992年から30年近く開かれている水曜集会も、歴史を歪曲して韓日関係を悪化させます。 この集会は像を崇拝する霊媒師の厄払いであり、歴史を歪曲する政治集会です。 全教組所属などの一部教師たちは「現場学習」という美名の下、父兄の無関心を利用して、純真な生徒たちを歪曲された政治・歴史意識を注入する集会に導いています。中高生だけでなく、低学年の小学生の子供さえ動員対象です。

 水曜集会は、事実上不法集会です。「外交関係に関するウィーン条約」により、外交公館から100メートルの地域のデモは禁止されます。   しかし、水曜集会は記者会見の形式で毎週開催されています。 あらゆる口実を動員して韓日関係を悪化させて、大韓民国の安保と国際的地位を墜落・傷つけるのがその本当の意図でないのか、疑うほかありません。

 慰安婦像は撤去されなければならず、水曜集会は中断されるべきです。

私たちは私たちの正当な要求が実現されるその日まで、退かないで戦います。

2019年12月4日

慰安婦と労務動員労働者像設置に反対する会反日民族主義を反対する会
韓国近現代史研究会国史教科書研究所

 

  • 「メディア・ウォッチ」代表の黃意元氏の李容洙証言批判

反日種族主義の出版と李宇衍氏らの勇気ある行動により、韓国社会を覆っていた慰安婦問題の異論を許さない大きなタブーが破れはじめた。実は、この二つの動きとは別に、保守インターネットニュース媒体の「メディア・ウォッチ」代表の黃意元氏による、ジャーナリストとしての告発があった。黃意元氏は、1989年生まれの若い世代の保守論客だ。

 黃氏は2014年2月21日、「メディア・ウォッチ」サイトに挺対協と北朝鮮の関係を告発する記事、「『従北』疑いが提起された慰安婦関連団体、挺対協」(注23)を書いた。

 黃氏が2020年に私に語ったところによると、その時点でも慰安婦問題そのものを批判的に扱うことはタブーが大きくてできなかったので、まず挺対協と北朝鮮の関係を問題にした、それでも挺対協批判には勇気が必要だったので、記事発表時には本名ではなく仮名(女性記者の名前)を使った、という。2016年、その記事について挺対協から名誉毀損で刑事事件として訴えられたが、法廷で多数の証拠を挙げて戦い、2020年2月に大法院(最高裁)で勝訴している。

 挺対協との戦いの中で、黃氏は慰安婦問題そのものに取り組む必要を覚え、そのためには元慰安婦の証言を批判的に検討するしかないと考えた。2018年4月14日に長文の「『従北』文在寅のための『嘘つきおばあさん』、日本軍慰安婦李容洙」という記事を「、メディア・ウォッチ」サイトにアップした。(注24)

『歴史認識問題研究』第7号掲載の拙稿「韓国の慰安婦運動の『内紛』─ 元慰安婦の挺対協批判の持つ意味」に詳しく書いたとおり、この黃氏の李容洙氏証言検証が、2020年5月に李容洙氏が行った挺対協批判の引き金になったのだ。

 

  • 破られた慰安婦タブー

 李容洙氏による挺対協批判が契機となり、韓国社会を支配してきた挺対協批判タブー はなくなり、朝鮮日報、東亜日報という伝統保守新聞や、第一野党の「国民の力」党も挺対協批判に加わった。しかし、タブーが解けたのは挺対協批判だけで、慰安婦らに対する批判はまだタブーとして残っている。

 ただ、反日銅像真実糾明共同対策委員会や、そこから分離した「慰安婦法廃止国民行動」(金柄憲代表)は、慰安婦は公娼制度の一環であって性奴隷ではない、官憲による強制連行はなかったなどという歴史的事実に踏み込んだ批判を行い、その立場から、元慰安婦らの証言が信憑性がないという主張も堂々と行いだした。

 特に、「慰安婦法廃止国民行動」(金柄憲代表)は2020年10月5日に大統領官邸前の広場で街頭記者会見を開き、元慰安婦らが日本軍によって強制的に慰安婦にさせられたという事実は証明されていないので、元慰安婦への支援の根拠となっている「慰安婦被害者法」を廃止すべきだと主張した。彼らは、元慰安婦らが名乗り出た当初の証言では貧困のため売春宿に売られたなどと証言していたとして、元慰安婦の証言の変遷を具体的に示して、彼女らの強制連行されたという証言は虚偽だと、公開的に主張している(注25)。

おわりに

 以上で概観してきたように、韓国におけるアンチ反日の動きは、文在寅政権が成立し た2017年頃から表面に出てきて、2018年最高裁の戦時労働者判決と2019年夏の文在寅政権による反日キャンペーンが契機で本格化した。強い危機感を持った少数の勇気ある学者らが、この間の研究成果をわかりやすくまとめた啓蒙書反日種族主義を出版して、その学術的土台を提供した。その上に立って、気鋭の学者と保守と一部左派の活動家ら が街頭に出て、アンチ反日デモを活発に行うことで本格化した。

 しかし、文在寅政権批判の主軸であるべき伝統的な保守勢力、保守新聞と保守野党は 歴史問題に踏み込むことを避け、政権の反日政策に迎合している。本稿冒頭で見たよう に、韓国のアンチ反日の活動家らは日本の保守派との交流を積極的に進めることで、韓国社会の精神革命運動を進めたいと言っている。その動きに積極的に応じながら、韓国 社会の変化を見つめ続けていきたい。

● 了(第3回:最終回)

 

 

『 歴史認識問題研究 』 第8号 (2021年3月19日)より転載

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

14. 前掲拙稿『正論』2019年10月号

15.「世界遺産登録,韓国民間団体が捏造資料で日本の登録を妨害 日本人写真「強制連行」として悪用」『産経新聞』2016年4月3日

16. 西岡が李宇衍氏から聞き取り。「無関係写真を「徴用工」 韓国、小6社会教科書に」『産経新聞』2019年3月20日、「韓国教科書の「徴用工写真」訂正へ 誤り認める『」産経新聞』2019年3月22日

17. 拙稿「反日民族主義に反対する初めてのソウル街頭集会」『歴史認識問題研究』第5号 2019年9 月19日

18. 「「歴史歪曲反日銅像設置中断せよ」…反日銅像真実糾明共同対策委員会が記者会見」『中央日報』2019年12月3日

19.   https://namu.wiki/w/주동식(정치인)  No.-3.4    2021年2月3日閲覧

20. 「崔德孝反日銅像真実究明共同対策委員会・共同代表インタビュー」『ペンアンドマイクTV』2020 年3月1日

https://youtu.be/c4uDBnN-eTI      2021年2月3日閲覧

21.  https://jinf.jp/feedback/archives/28349   2021年2月3日閲覧

22. 李宇衍氏から提供を受けた声明を、西岡が全訳した。

23.  https://mediawatch.kr/news/article.html?no=244669   2021年2月3日閲覧

24.  黃意元・西岡力(翻訳・解説)「若き韓国人が書いた慰安婦証言の変転」『月刊正論』2020年8月号

25.  拙稿「韓国でも暴かれ始めた慰安婦問題の虚構」『国基研ろんだん』2020年5月25日

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー